自転車防犯登録の手引き

○自転車防犯登録って義務?
自転車を利用する人は、法律により自転車防犯登録を行うことが義務づけられています。
自転車の安全利用の促進及び自転車駐車場の整備に関する法律 第12条第3項
自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録を受けなければならない。
○都道府県公安委員会が指定する者とは?
自転車の防犯登録を行う者の指定に関する規則(国家公安委員会規則)により、民法第34条の規定により設立された公益法人である福島県防犯協会連合会が福島県公安委員会から指定され、自転車防犯登録業務を行う組織として福島県自転車防犯登録推進協会が設立されました。

○自転車防犯登録はどこでやるの?
福島県自転車防犯登録推進協会と自転車防犯登録業務の委託契約を締結した自転車防犯登録所で行います。

○自転車屋さんで購入した場合
自転車を購入した自転車屋さん(自転車防犯登録所)に、次の資料を持参して登録してください。
○利用する方のお名前、住所が確認できる資料
運転免許証・健康保険証・身分証明書等
○登録料 600円(非課税)

○通信販売で購入した場合/知人などから譲り受けた場合
最寄りの自転車防犯登録所に、次の資料を持参して登録してください。
○登録を受けようとする自転車
○自転車を購入し又は譲り受けことがわかる資料
販売証明書・保証書・車体番号等が記入されている領収書・譲渡証
防犯登録お客様控え(登録カードC票)など
○利用する方のお名前、住所が確認できる資料
運転免許証・健康保険証・身分証明書等
○登録料600円(非課税)

○自転車の防犯登録の仕組み
自転車防犯登録所で作成した登録カードに基づき、福島県自転車防犯登録推進協会で登録データーを作成し、福島県警察本部が管理して盗難回復、放置自転車の使用者への還付等に活用されます。

自転車防犯登録Q&A

Q1.県内に引っ越ししたとき、結婚などで氏(姓)が変わったときは?
A1.最寄りの防犯登録所に防犯登録カードお客様控え(登録カードC票)を持参(紛失した場合はその旨説明してください。)して、自転車防犯登録の「変更登録」(無料)をしてください。

Q2.県外に引っ越すときは?

A2.都道府県により手続きが異なりますが福島県の場合、所有者(登録者)が県外へ転居、自転車を廃車や譲渡するときは、事前に県内の最寄りの防犯登録所で「抹消登録」(無料)の手続きを行って下さい。抹消登録手続きに必要なものは、①自転車本体②防犯登録カードお客様控え(登録カードC票)③身分証明書(運転免許証、健康保険証など)です。

Q3.自転車を盗まれたときは?

A3.防犯登録カードお客様控え(登録カードC票)を持参して、最寄りの警察署、交番又は駐在所に被害届を出してください。

Q4.自転車に貼付した防犯登録番号標が剥がれたり、棄損した場合は?

A4.防犯登録をしたお店に自転車を持参して、再度自転車の防犯登録を受けてください。
この場合は、新規防犯登録となりますので、登録料600円(非課税)がかかります。

Q5.自転車防犯登録の効果は?

A5.被害にあった自転車や放置された自転車が発見された場合、自転車防犯登録等から被害者がわかり、自転車が還付されます。また、自転車を利用中、事故等に遭遇した場合、自転車防犯登録等から持ち主がわかり、家族等への早期な連絡にも役立ちます。