福島県防犯協会連合会の組織

昭和60年3月29日に、知事所管の公益法人として認可を受け、その後「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」(平成18年法律第50号)第44条の規定に基づき、平成24年9月19日付けで公益社団法人として認定を受け、同年10月1日に名称が「社団法人福島県防犯協会連合会」から「公益社団法人福島県防犯協会連合会」となりました。

福島県防犯協会連合会の事業

犯罪のない安全で安心な街づくりのため、地域安全活動としての事業を推進していますが、主な事業は次のとおりです。

1.県民の地域安全意識の啓発、高揚
2.地域安全運動
3.青少年の非行防止、健全育成
4.自転車の防犯対策
5.防犯資器材の紹介
6.覚醒剤等薬物乱用の防止
7.風俗環境の浄化
8.その他必要な事業

 

福島県風俗環境浄化協会

福島県風俗環境浄化協会は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に基づき福島県公安委員会から指定を受け、次の事業を行っています。

1.風俗環境に関する苦情の処理
2.風営適正化法に違反する行為を防止するための啓発活動
3.少年指導委員の活動の援助
4.善良の風俗の保持及び風俗環境の浄化並びに少年の健全な
育成に資するための、民間の自主的な組織活動の援助
5.公安委員会の委託を受けて行う管理者講習及び調査

「ゲームセンター」で活動する少年指導委員の皆さん:上写真↑

 

福島県自転車防犯登録推進協会

福島県自転車防犯登録推進協会は、「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」に基づき福島県公安委員会から指定を受け、次の事業を行っています。

1.自転車防犯登録番号の推奨
2.自転車防犯登録カードの作成、管理
3.自転車防犯登録に関する広報
4.自転車防犯登録所の指導
5.その他自転車の安全利用及び自転車等駐輪場の環境整備に関する事業