公益社団法人福島県防犯協会連合会 公式ホームページ
お気軽にお問い合わせください
024-573-0699
[受付] 9:00~17:00(土日祝休)

お知らせ

ホーム > Topics > お知らせ

10月14日(水)県警察本部において、本年の全国防犯栄誉金章・防犯栄誉銀章の伝達式が行われました。

長年にわたる献身的な防犯活動を称える本年度の全国防犯栄誉金章、防犯栄誉銀章は、

○ 防犯栄誉金章
(警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)
・ 君島勝見様(浪江地区防犯指導隊隊員)

○ 防犯栄誉銀章
(警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)
・ 千葉公兀様(会津若松地区防犯指導隊一箕地区隊員)
・ 菅野 豊様(郡山北地区防犯協会連合会会長)

が受賞されましたが、10月14日(水)、県警察本部において伝達式が行われ、和田薫福島県警察本部長からそれぞれ伝達されました。

長年のご貢献に心から感謝とお祝いを申し上げます。

令和2年地域安全作文コンクールで、小学生の部は、上野悠眞君(会津若松市立城南小学校)の「安全なぼくの自まんの町」、 中学生の部は、須田琴菜さん(須賀川市立第二中学校)の「敬礼」が最優秀賞に決定しました。

公益社団法人福島県防犯協会連合会では、令和2年全国地域安全運動(10月11日~20日)に向けた活動の一環として、本年も、みだしコンクールを実施しました。

先頃、厳正な審査を行い、最優秀賞として

小学生の部は上野悠眞(会津若松市立城南小学校4年)の「安全なぼくの自まんの町」
中学生の部は須田琴菜(須賀川市立第二中学校2年)の「敬礼」

が最優秀となったほか、それぞれの部門で「優秀」3作品、「佳作」6作品が、決定しました。

入賞された皆様、おめでとうございます。
また、多数の応募をいただきありがとうございました。

当ホームページの「活動概要」に「入選者・入選作品題名」及び最優秀作品を掲載しましたのでご覧ください。

令和2年全国地域安全運動が、10月11日(日)から20日(日)の間、「みんなで つくろう 安心の街」をメインスローガンに実施されます。多くの県民の参加で運動を盛り上げ、安全で安心な福島県をつくりましょう。

令和2年全国地域安全運動が、10月11日(日)から20日(日)の間、メインスローガン「みんなで つくろう 安心の街」、サブスローガン「消せないよ 心のきずと そのしゃしん」に実施されます。

新型コロナウイルス感染症をめぐる社会情勢を踏まえつつ、県民一人ひとりが可能な運動に参加し、安全で安心な福島県をつくりましょう。

<運動の重点>

・ 子供と女性の犯罪被害防止
・ なりすまし詐欺の被害防止

君島勝見さん(浪江地区防犯指導隊隊員)が、本年度の防犯栄誉金章を受賞したほか、防犯栄誉銀章を2名、防犯栄誉銅章を6名の方が受賞しました。

長年にわたる献身的な防犯活動が認められ、次の個人・団体の方が、本年度の防犯功労者・功労ボランティア団体として、防犯栄誉金章等を受賞(令和2年9月24日付)しました。

長年の献身的なご貢献に心から感謝とお祝いを申し上げます。

○ 防犯栄誉金章
(警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)

・ 君島 勝見(浪江地区防犯指導隊隊員)

○ 防犯栄誉銀章
(警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)

・ 千葉 公兀(会津若松地区防犯指導隊一箕地区隊員)
・ 菅野 豊(郡山北地区防犯協会連合会会長)

○ 防犯功労栄誉銅章
(公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)

・ 緑川 春男(防犯連絡所高野連絡会元顧問)
・ 山崎 敏雄(本宮市防犯協会岩根支部支部長)
・ 荒川 勝洋(相馬市西部地区防犯協会長)
・ 吉田 重利(いわき東地区防犯協会連合会鹿島支部顧問)
・ 飛田 充(田村地区防犯協会連合会理事)
・ 近藤 徹(白河地区防犯指導隊西郷分隊長)

○ 防犯功労ボランティア団体
(公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)

・ 大玉村大山防犯協力会(代表:伊藤一男)

子供たちのオンラインゲームによるトラブルに注意しましょう!!

県警察本部では、子供たちがオンラインゲームを通じて、誘拐や性犯罪の被害に遭うなど事件に巻き込まれる事案が発生していることから、チラシを作成して注意を喚起しています。

画面の向こう側にいる悪質な利用者の言葉巧みな誘いに乗って危険な思いをしている子供たちがいます。使っているアプリや課金の有無を親子で話し合い、ルールを決めておきましょう。

オンラインゲーム注意喚起チラシ.pdf(879KB)

令和2年全国地域安全運動福島県民大会(10/14:郡山市)は、開催中止となりました。

令和2年全国地域安全運動の一環として、10月14日(水)郡山市で開催を予定しておりました福島県民大会は、新型コロナウイルスの感染拡大情勢を踏まえて、開催を中止することとなりました。

安全を確保する上でのやむを得ない判断でありますことをご理解いただきますようお願い申し上げます。

防犯しゃくなげ第380号を掲載しました。

福島県内でなりすまし詐欺の被害が増加しています。だまされないように注意しましょう。

福島県警察の発表では、福島県内の7月末のなりすまし詐欺の被害は、76件1,820万円で、昨年同期比で、件数で6件、被害額で42万円増加しています。

特に、キャッシュカードをだまし取られる被害が大幅に増加し、年齢別では65歳以上の高齢者が8割を超えています。また、市町村別では、福島市・郡山市での被害が県内全体の6割を超えています。

被害防止のポイントは、

キャッシュカードを渡さない。
暗証番号を教えない。

ことです。

みんなで声を掛け合って、なりすまし詐欺の被害を防止しましょう。

全国防犯協会連合会の全国公募(標語部門)で、佐藤和歩さん(桑折町立醸芳中学校3年)の作品が「佳作」に入選

公益財団法人全国防犯協会連合会では、本年の全国地域安全運動(10月11日から10月20まで)に向けて、地域安全ポスター、標語、青パト活動写真を募集していましたが、このたび、入賞作品が発表され、地域安全標語部門(子供と女性の犯罪被害防止)で、桑折町立醸芳中学校3年生の佐藤和歩さんの作品

「灯る道 選んで歩けば 防ぐ道」

が、見事、「佳作」に入選しました。
今後、全国地域安全運動の広報活動等に活用されます。

佐藤和歩さん、おめでとうございました。

秋場進さん(福島地区防犯指導隊南部分隊長)ほか、11個人、3団体が、東北管区警察局内の令和2年度 防犯功労者・優良防犯団体表彰を受賞しました。

長年にわたる献身的な防犯活動が認められ、次の個人・団体の方が、本年(令和2年7月16日付)の防犯功労者・優良防犯団体として東北管区警察局長及び東北防犯協会連絡協議会長の連名表彰を受賞されました。

長年の献身的なご貢献に心から感謝とお祝いを申し上げます。

防犯功労者(11名) (敬称略)

  • 秋場 進(福島地区防犯指導隊南部分隊長)
  • 森藤哲良(伊達市防犯協会連合会大田支部長)
  • 菅野義明(二本松市地域安全パトロール隊員)
  • 渡邊照夫(白河地区防犯指導隊白坂分隊長)
  • 我妻良臣(古殿町防犯連絡責任者連絡会元会長)
  • 太田貴治(小野町防犯連絡所連絡会会長)
  • 佐藤榮朗(会津若松地区防犯指導隊副隊長)
  • 鴻巣泰一(会津美里地区防犯協会副会長)
  • 志賀俊文(高久駐在所防犯協会副会長)
  • 永山 仁(いわき東地区防犯協会連合会渡辺支部副支部長)
  • 吉田義則(浪江地区防犯指導隊葛尾分隊長)

優良防犯団体(3団体) (敬称略)

  • 本宮地区防犯協会岩根支部
  • 富久山地区防犯協会
  • 会津若松地区防犯協会連合会河東支部