公益社団法人福島県防犯協会連合会 公式ホームページ
お気軽にお問い合わせください
024-573-0699
[受付] 9:00~17:00(土日祝休)

Topics

ホーム > Topics

2月9日(水)、郡山市「安積総合学習センター」で開催予定の「令和3年度 風俗営業管理者講習」は、新型コロナウイルスの感染が拡大する状況を踏まえて中止といたします。
今回の受講者の方は、来年度、令和4年度の受講をお願いします。来年度に受講案内を行いますので、必ず受講してください。

1月27日(木)、いわき市「小名浜市民会館」で開催予定の「令和3年度 風俗営業管理者講習」は、新型コロナウイルスの感染が拡大する状況を踏まえて中止といたします。
今回の受講者の方は、来年度、令和4年度の受講をお願いします。来年度に受講案内を行いますので、必ず受講してください。

令和4年の主要行事日程を掲載しました。

令和4年 新年の会長ご挨拶を掲載しました。

新春を迎えて

新年、明けましておめでとうございます。

年頭にあたり、皆様には清々しい新年を迎えられましたことと心からお慶び申し上げます。

皆様には、昨年一年間、当連合会の各種活動にご理解とご協力を賜り、また、自分たちの街は自分たちで守るという意識の下、地域のパトロールや見守り活動などの自主防犯活動にご尽力いただき、誠にありがとうございました。

昨年は、一昨年に続き、新型コロナウイルスの感染拡大により、緊急事態宣言が発出されるなど、ほぼ一年を通して社会活動等に大きな影響が及んだところであります。

そのような情勢において、福島県内の犯罪発生件数は、前年に比べて減少し、平成14年をピークとした減少傾向が継続しているところであります。

しかし、なりすまし詐欺の被害が依然として多発し、また、列車内での凶悪事件に類似する事件が福島駅前でも発生するするなど、安全で安心な社会の実現には、なお、一層の努力が必要であると感じられます。

福島県防犯協会連合会は、昨年一年間、広報紙「防犯しゃくなげ」やホームページによる広報啓発活動や、なりすまし詐欺被害防止に向けて、新たに警告機能付き電話録音機の貸出事業等を実施するなど、県民の方、防犯ボランティアの方々のご要望を踏まえつつ、各種活動を実施して参りました。

本年も創意工夫しながら、安全で安心して暮らせる社会づくりに向けて、取組みを強化して参りたいと考えておりますので、皆様方には、引き続きご協力を賜りますようお願い申し上げます。

結びに、本年が皆様にとりまして素晴らしい年になりますよう祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

12月10日(金)、福島駅前通りで「年末特別警戒活動」を実施し、年末年始の事件事故防止を呼びかけました。

年末年始における事件事故防止活動が10日に始まりましたが、活動開始に当たり、内堀雅雄福島県知事、児嶋洋平県警察本部長、木幡浩福島市長、佐々木貢一県公安委員長、菅野豊県防犯協会連合会長など関係者の参加の下、福島市の街なか広場から福島駅周辺まで、徒歩でパトロールを行い、年末年始の事故防止を呼びかけました。

今年は、特別参加として、警察庁のなりすまし詐欺防止に向けたプロジェクトメンバーで、「特別防犯支援官」を務めている人気グループ「TOKIO」の城島茂さんが警戒活動に参加し、年末年始の事件事故防止を呼びかけました。

泉支部(いわき東地区防)では、地元防犯団体と連携し、「泉地区歳末警戒活動」を実施しています。

いわき東地区防犯協会連合会泉支部は、昭和31年4月1日に発足し、現在、30名の隊員で構成されています。

各季ごとに、JR泉駅駐輪場における「自転車ツーロックの広報啓発活動」や小学校の登下校時における「あいさつ運動」、町内の大規模小売店における「万引き防止パトロール」などを行っています。

また、本年は、コロナ禍の中、感染症対策に注意しながら、地元の防犯関係団体と連携し、「泉地区歳末警戒出動式」を開催して、年末における事件事故防止活動を実施しています。

一般社団法人福島県警備業協会様から、更なる活動の充実のご趣旨で寄附金の贈呈がありました。

一般社団法人福島県警備業協会様は、当連合会の賛助会員として県内の安全と安心の確保に向けて連携して活動していただいておりますが、先頃、当連合会に対して、安全と安心の確保のため更に充実した活動をして欲しいとの趣旨でご寄附の申出があり、11月30日(火)、郡山市熱海町「ホテル華の湯」において贈呈式が行われました。

贈呈式では、県警備業協会会長前田泰彦様、副会長神好雄治様から当連合会会長菅野豊に寄附金が贈呈されました。

菅野豊会長から、「ご寄附の趣旨を踏まえ、有効に活用させて頂きます」との感謝の言葉を
述べられ、今後の連携した活動について誓い合いました。

県防連では、防犯ボランティアの支援等に活用させていただくこととしています。

「令和4年 地域安全カレンダー」が完成しました。

福島県防犯協会連合会では、県民の方の防犯意識の高揚等を目的に、令和4年版「地域安全カレンダー」を作製しました。

地域安全カレンダーは、今年の全国地域安全運動に向けて実施した地域安全ポスター、標語、青パト活動写真コンクールの入選作品や、県警OB写真クラブの方の季節の風景・風物詩を捉えた作品(コンクールを実施して選考)が掲載されており、年間を通じて広報啓発活動に活用されます。

みなさんも、優秀作品の素晴らしい出来映えをご覧になってください。


本年の防犯栄誉金章・銀章等の伝達式が県警本部で行われました。

本年の全国防犯栄誉金章、銀章を受章された個人、防犯功労団 体表彰を受賞された団体への表彰伝達式が、令和3年11月16日(火)、福島県警察本部で行われました。
児嶋洋平福島県警察本部長から授与されました。

金章を受章した金成克哉様は、長年の活動を振り返るとともに「地域の皆さんへの感謝の言葉」を述べられました。
長年のご貢献に敬意と感謝を申し上げます。

○ 防犯栄誉金章
(警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)
・ 金成克哉氏(いわき東地区防犯協会連合会長)

○ 防犯栄誉銀章
(警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)
・ 蛭田三男氏(いわき東地区防犯協会連合会玉川支部長)

○ 防犯功労ボランティア団体
(公益財団法人全国防犯協会連合会会長連名表彰)
・ 伊達市防犯協会連合会大田支部(代表:遠藤英次氏)

「関の子広場」(いわき南地区防)では、「想い合い」、「助け合い」、「支え合い」、「声掛け合い」、「見守り合い」のスローガンの下、自主防犯活動を展開しています。

「関の子広場」(いわき南地区防)は、「地域住民自らの手で、地域の安全・安心の拠点施設をつくろう」との機運の高まりを受けて、平成19年にJR常磐線勿来駅駐輪場前に開所した自主防犯活動施設です。

開所以降、活動スローガンとして「想い合い」、「助け合い」、「支え合い」、「声掛け合い」、「見守り合い」を掲げ、青少年の健全育成活動を始めとした各種防犯活動を行っています。

現在、30名のサポーターで、毎日、小学生の登下校時間帯の安全パトロールや、高校生参加の登下校路の清掃・美化活動(毎週水曜日)などを行っています。

カテゴリー

最近の投稿

月別投稿一覧