公益社団法人福島県防犯協会連合会 公式ホームページ
お気軽にお問い合わせください
024-573-0699
[受付] 9:00~17:00(土日祝休)

Topics

ホーム > Topics

福島北地区防犯レディーズでは、金融機関やスーパーマーケット等において、なりすまし詐欺被害防止広報を実施しています。

福島北地区防犯レディースは、地域安全活動の日や年金支給日等において、なりすまし詐欺被害防止の広報活動を精力的に行っています。活動では、金融機関やスーパーマーケット等のATMコーナーや出入口において、幅広い年代の利用者に声掛けを行い、防犯広報用マスクやチラシ等を配布しながら、女性ならではのしなやかさや優しさで利用者に接し、懇切丁寧になりすまし詐欺被害の未然防止について説明しています。

防犯レディースは、日頃から警察署員と連携しながら活動に取り組んでおり、詐欺被害防止活動以外にも、自主防犯意識の高揚や青少年健全育成活動など各種啓発活動を行っています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、活動を自粛する場合もありますが、令和4年度も感染状況を踏まえながら、地域の安全を守るため、幅広い世代を対象に防犯広報を実施していくこととしています。

令和4年度「風俗営業等管理者講習」の日程を掲載しました。

令和4年 地域安全作文応募要領を掲載しました。

南会津防犯指導隊田島分隊では、令和4年2月19日(土)、だいくらスキー場において、スキー板、スノーボード板の盗難防止広報を行いました。

南会津防犯指導隊田島分隊では、令和4年2月19日(土)、だいくらスキー場において、南会津警察署員と連携の上、スキー客に対し、スキー板・スノーボード板盗難防止に関する広報活動等を実施しました。

スキー客にスキー板等の盗難防止に関するチラシの入った入浴剤を配布ながら盗難防止を呼びかけるとともに、スキー場内をパトロールしました。
   
チラシ入りの入浴剤を受け取ったスキー客は、「スキー板が盗まれないように注意します。」などと語り、感謝の言葉を述べていました。

「防犯しゃくなげ第386号」を掲載しました。なりすまし詐欺の対処方法を掲載しています。是非、参考にしてください。

いわき中央地区防犯協会連合会平窪防犯協会では、年末年始の活動の一環として、新型コロナウイルス感染防止対策を行った上で特別警戒を実施しました。

いわき中央地区防犯協会連合会平窪防犯協会では、令和3年12月24日、同地内のスーパーマーケット等において、年末年始・事件事故防止県民総ぐるみ運動に伴い、平窪防犯協会の役員と平窪駐在所の警察官が協力して、買い物に来ているお客さんに対し、なりすまし詐欺被害防止のチラシやウエットティッシュを配布をしました。

平窪防犯協会の役員は、買い物客100名に対し、「事件事故のないよいお年をお迎えください。」と呼び掛けながら、チラシ等を配布すると、高齢の客や他の買い物客から、「新聞で詐欺の事件や交通事故の記事をよく目にします。」「詐欺や交通事故に気をつけます。」などの反響がありました。

新型コロナウイルスの感染拡大に留意しながら、平窪地区は駐在所管内の住民と駐在所警察官との交流を図り、地域の皆さんが安全で平穏な暮らしができるよう、積極的に活動しています。

3月10日(木)福島市において令和3年度第2回理事会を開催しました。令和4年度事業計画(案)、令和4年度収支予算(案)等を審議し、いずれも可決・承認されました。

公益社団法人福島県防犯協会連合会の令和3年度第2回理事会は、3月10日(木)福島市の杉妻会館で開催されました。

今次理事会は、新型コロナウイルス感染防止対策を万全にして行われました。

今次理事会では、令和4年度事業計画(案)、令和4年度収支予算(案)、顧問の委嘱、賛助会員の入会など、重要議題6議題の審議が行われましたが、慎重審議により、いずれも議決・承認されました。また、菅野会長、渡邉専務理事から「職務の執行状況について」の報告が行われました。

本年度の通常総会は6月に開催予定となっておりますが、新型コロナウイルスの情勢を踏まえつつ、5月の理事会で開催の詳細を決定することとしています。

富久山地区防犯指導隊では、本年2月15日の年金支給日に合わせて、郡山北警察署と協働でなりすまし詐欺被害の防止を呼びかけました。

郡山北地区防犯協会連合会富久山地区防犯指導隊(佐久間喜重地区隊長10名)では、令和4年2月15日の年金支給日に合わせて、郡山北警察署と協働でのなりすまし詐欺被害防止啓発広報活動を行いました。

金融機関を利用する高齢者を中心に、チラシのほか、マスクと除菌シートを合わせて配布し、被害防止を呼びかけました。

高齢者からは大変好評であり、短時間ではありましたが、多くの方の防犯意識の高揚に繋がる効果的な活動となりました。

同指導隊では、新型コロナウイルスにより活動が制限されている中、「少しでも自分の地区に貢献したい」との崇高なボランティア精神で活動を行っており、今後も感染防止に留意しながら地区の安全と安心の確保に向けた活動を展開していくこととしています。

西袋交番防犯連絡所連絡会では、新型コロナウイルス感染防止対策に配意しながら、年間を通じて、広報啓発活動、防犯パトロール活動を展開しています。

西袋交番防犯連絡所連絡会は、須賀川警察署西袋交番を活動の拠点とし、他団体と連携しながら犯罪被害防止の広報啓発活動、管内の防犯パトロール等の犯罪抑止活動を年間を通して行っています。

今年は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、行事等の規模を縮小し、また、参加者を制限するなど、情勢に応じた創意工夫した活動を行い、地域住民の防犯意識の向上、安全で安心な地域社会の基盤の構築に貢献しています。

令和3年12月15日の年金支給日には、金融機関や商業施設において、マスク着用の上、ソーシャルディスタンスの確保に配意しながら、広報用のチラシを配布し、なりすまし詐欺被害防止、交通事故防止を呼びかけました。

参加した会員からは、「今後も広報啓発活動に積極的に参加して、犯罪被害の防止を呼びかけたい。」と意欲的な発言がありました。

県防連では、この度、全防連から「青色回転灯装備車」(青パト)の無償譲渡を受けました。今後、各地区防のボランティア団体等へ貸出しを行い、防犯パトロールや広報活動に活用されます。

公益財団法人全国防犯協会連合会(以下「全防連」という。)では、一般財団法人日本宝くじ協会からの助成を受けて、青色回転灯装備車の整備事業を行っていますが、この度、公益社団法人福島県防犯協会連合会(以下「県防連」という。)が整備団体に選定され、全防連から無償譲渡を受けました。

本年2月末に納車となった車両は、スズキ「アルト」(添付写真)で、真新しい車両は職員の活動意欲を高めています。

この度の整備で、県防連が保有する青色回転灯装備車は2台となりましたが、活動意欲がありながらも車両の保有が難しい地区防等に貸出しを行い、地域の安全と安心の確保に活用してもらうこととしています。

現保有車両の1台は、一昨年の台風被害で車両を流出した伊達市防犯協会連合会の防犯ボランティア団体に貸し出され、防犯パトロールに活用されています。

調整が整えば、責極的に貸出しを行いますので、希望する団体は、県防連までご連絡ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別投稿一覧